ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

英語学習と耳コピと私

はじめに

どうもpillolowです。

 

実はワタクシ、純ジャパですがTOEIC950点越えだったりします。

 

TOEICが本当の英語力を表すわけではないですが、

「英語が得意」くらいのカテゴリーには入る自信はあり。

 

一方作曲やアニソンなどの耳コピをするのが好きで、

理論的な部分は独学でかなり勉強しました。

 

そんな中、世の中には。

 

たいして勉強もせずに、

「英語出来ない」「耳コピ出来ない」喚いている人が多すぎる、と思います。

 

外国語の習得と音楽の習熟には共通点が多いなぁ、と常々感じているので、

今回はその辺りの考えを書いてみます。

 

ルールを知らずにマスター出来るほど、君は天才なのか?

 

日本の英語教育は「文法偏重」であり、本当の英語力を獲得するには…

みたいな論調を良く目にします。

 

もちろん「文法」だけではダメですが、文法は最低限のルール。

 

それを知らずに英語が習得できるわけありません。

 

僕はひたすら文法を勉強することで有名な塾に通っていましたが、

そのお陰で、真の英語力を獲得できたと確信しています。

 

音楽の話をすると、

理論はちゃんと勉強しましょう。のちに困るぞ!

 

以上。

 

流石にもうちょっと関連付けて語ると、

 

例えば英語学習における、こういう本↓

₍この本は普通に良書だと思います。悪しからず₎

 

英語のしくみがわかる基本動詞24新装版 [ 小西友七 ]

 

これを音楽に当てはめると、

C, F, G, Amなどのダイアトニックコードだけ知って、さぁ曲をコピーしよう。

という状態です。

 

何が言いたいかというと、そんなの大前提で、

細かい言い回し₍英語₎とか、微妙なテンションコード₍音楽₎とか知らんで、

表現が出来るかい!ということ。

 

英語リスニングと耳コピはすごく似ている

 

さて、リスニング・耳コピが出来ないのは、何故か。

単純に耳が慣れていないのもあるでしょう。

 

しかし一番大きな要因は、ここまでで強調してきた通り、

あなたが「知らないこと」を聞いているからです。

 

分かりやすく書くと下の通りです。

 

【英語】知らない単語・文法 → 分からないのは当然

【音楽】知らないコード進行、テンションコード → 耳コピ出来なくて当然

 

ここで、「分からないなり」の対策を取ることが

次の段階へ進む第一歩です。

 

【英語】分からないなりに、前後の文脈から補完

→ 大味な訳ながら、何となく理解はできる

【音楽】当たり障りのない₍違和感のない₎大味なコードで繋ぐ

→ 原曲通りではないが、曲として間違った進行ではない

 

その一方で、英語や音楽的「語彙」を増やす努力は継続。

 

そのうえで、耳コピの場合は、

原曲の雰囲気を再現できるコード進行を探す₍作る₎

 

これを繰り返すうちにセンスが磨かれ、作曲もできるようになります。

 


 

 

 
人気ブログランキングへ