ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

とりあえず、プロの初心者がつべこべ言わずアコギを始める方法(購入編)

はじめに

 

どうもpillolowです。

 

「春から、ギター始めるぞ!」って毎年思っているけれど、

その一歩が踏み出せないあなた。

 

・・・そこのあなたですよ!

 

「ギターを始めたいけど、どうしよう」状態は、

 

メンズノンノを読んでオシャレしたくなったけど、どうしよう

 

という感覚と凄く似ています。

 

①   「どのブランドがいいの?」「どこの店いく?」 → 挫折

②   「店来たけど、オシャレな人と店員がいっぱい」 → 怖い…挫折

③   「結局何買えばいいか分からない」 → 一旦帰ろう…断念

 

こんな感じで結局ユニクロに行って、無難なシャツを買うわけです。

 

服はユニクロで安心して買えるだけマシで、

ギターはこのままでは一生買えません

 

でも、そんなのもったいない。

 

ギターを今まで10本以上買った僕が、

あなたに今年こそギターを買わせてみせます! 笑

 

最後までついてきてね!

 

どんな価格帯のアコギを買うべきか?

 

ギターは、20万くらいまでは、値段と質が比例関係にあります。

 

作りの精巧さや、木の材質、それに付随する音の良さなどが、

値段相応に上がっていくわけ。

 

それ以上のハイエンドギターはもはや工芸品的な趣が強くて、

「装飾がやたら凄くて」「めちゃ貴重な木を使ってる」こだわり抜いた職人の作品

という感じ。

 

本当は10万弱くらいのギターが、最初の1本でもお勧めなんだけど。

 

流石にそれは…という人がほとんどだと思う。

 

だから最低限ギターとして使える

定価4~5万程度、実売が3万程度のものをお勧めします。

 

なぜならこの辺りから、TOP単板モデルとなり、一段レベルが上がるからです。

 

初心者〇点セットで13,800円とかは、ギターの形をした他の何かです。

絶対にやめましょう。

 

悪いギターはギターに挫折する原因にもなります。

 

例えばこんなやつ↓

 


 

 

どのブランドを買うべきか?

 

さて、価格が決まったら次はブランド。

 

ここで妙に知恵を付けたプロの初心者は、「音質」なんぞにこだわり始めるわけです。

 

・・・どのブランドのエントリーモデルも、音の違いはそんなにありません

 

作りも国産の大手ブランドを選んでおけば問題なし、です。

 

実売3万程度のTOP単板エントリーモデルがあるのは、

YAMAHA、Morris、S.YAIRI、Headway

 

などでしょうか。

 

この中で、何を選ぶべきか。

答えは先に言うとHeadway一択です。

 

一般的にはHeadwayの盲目的信者が、「値段の割に音がいい、作りがいい」とか言って

勧めていますが、根拠なしですよね。

 

僕が絶対無比な理由でお勧めしてあげましょう。

 

Headwayを買うべき理由

 

それでは、定価4~5万程度の各メーカーのエントリーモデルを選出しましょう。

全てTOP単板、形はフォークタイプです。

 

実売価格は楽天の最安値₍H29.3.4時点)をリンクしました。 

 

YAMAHA FS-820S 定価37,000円

 

 

・MORRIS F-401 定価40,000円

 

 

・S.YAIRI YF-40 定価42,000円

 

 

・Headway HF-45 定価45,000円

 

 

確認いただけただろうか・・・。

Headway定価一番高いのに、実売価格一番安いやんけ・・・どういうこと?!

 

この時点でもHeadwayに心が傾きますが、

プロの初心者は次のような心配を抱くでしょう。

 

「もしギター買っても挫折したら・・・2万5千円が無駄に」

 

安心ください。

ギターは資産です。

車と一緒でそこそこの値段で売ることが出来ます。

 

高級ギターだと、店舗買取で35~40%くらいの値段で売れますね。

オークションならもっと高く売れるはずです。

 

僕がいつも参考にしているのは、イシバシ楽器の以下のサイトです。

http://www2.ishibashi.co.jp/We_Buy/kaitori/

 

網羅的に各ギターの買取価格が載っていますので便利ですね。

 

さて、ここで上の4つのギターの買取価格(売値)を調べ、表にまとめてみましょう。

そこそこ綺麗に使ったとして、「良品」の売値としました。

 

※   YAMAHAは、FG-820の売価としています。

ドレッドかフォークかで違いはないはず

 

 

一番右の列を見てくださいね。

これが、仮にギターをやめた時に、あなたが支払う「勉強料」です。

 

リスクをこのように定量化すると、圧倒的にheadway一択なのです

たったの2万以下・・・!

 

さいごに

 

さて、買うべきギターが決まりました。

くどいですが、HeadwayのHF-45です。

 

楽器屋が近くにない人もいれば、怖くて店に入れない人もいるでしょう。

 

連絡をくれれば僕が喜んで一緒に行きますが(笑)、

僕に頼らなくても、「ネットでポチッ」が楽ですよね。

 

数量限定のようなので、

紹介した値段で買われたい方は今すぐ購入です!

 

たった2万以下のリスクで一生の趣味を手に入れられるかも

と考えたらワクワクしますよね。

 

さぁ、めくるめくアコギの世界へようこそ!!!

 


 

 


人気ブログランキングへ