ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

ギターのピッキングについて、あるスポーツの例えで説明するとしっくりくる件

 

どうもpillolowです。

 

前回、単音ピッキングはただの小さいストロークだという記事を書きました。

handicap-is-3.hatenablog.com

その後、自分がギターを始めて最初の数年間を思い出していたら、特に初心者気にすべきことが見えてきました。

 

今回それを皆さんに伝えようと思います。

 

その前に1つ。

 

上手い比喩や言い換えをする時は、僕の場合、野球の例えで大体は上手くいきます。

 

ギターの弾き方も然りで、野球のピッチングに例えると、物凄くしっくりくるのです 笑。

 

野球に詳しくない人も内容は伝わるはずなので、ブラウザを閉じないで最後まで読んでね!

 

さて。

 

どんなピッチャーにおいても、基本にして真髄。

 

それは外角低めの切れの良いストレートですね。

 

ギター弾きにとっては、切れの良いストロークと言い換えることが出来ます。

 

どんなに変化球が良くても、キレのいいストレートがあってこそです。

色んなテクニックも奏法も音の出し方も、キレの良いストロークがあってこそ!なわけ。

 

まずは、外角低めのストレートを武器に出来るピッチャーになりましょう。

 

本記事の示唆する内容は、キレの良いストレートを外角低めに投げるためのヒントと思って下さい。

それでは、初心者が陥りがちなフォームを3つ挙げたいと思います。


① 角度が悪い


初心者の頃、僕もそうでしたが、ピックガードが傷だらけの人、演奏中ピックが当たってカチカチ鳴る人、要注意です。

前回記事でも書きましたが、ストロークは中心位置と振幅で決まる軌道を描きます。

つまり軌道は基本的に「円弧」となるはず。

でも、初心者はピックが返らず、弦の表面を撫でるような平行移動になりがち。

そのためキレが失われ、ピックガードを叩くカチカチ音だけが響くことになります。


② 深過ぎる

深く甘い音を出すならともかく、基本的にはピックは弦に浅く当たるべきです。

試しに1弦でトレモロをして見て下さい。

出来ても出来なくても良いです。

とにかく自分の中の最速で。

上手くピックを切り返せない人は、多分ピックが深く当たりすぎて、引っかかってませんか?

当たるか当たらないかぐらいの深さを意識すると、もう少し速く弾けませんか?

キレの良いストロークは、ギリギリの浅さを狙うこと。ピッチャーが外角低めギリギリを狙うのと同じです。

③ 振りが遅い

 

遅いテンポになると、つられて腕の振りも遅くなる人。

 

ダメです。

 

バラードの時はいいかもしれませんが、遅いテンポでもノリや切れを出したいときは、腕の振りはシャープに!

 

チェンジアップを投げるときも、腕の振りはストレートと同じでなくてはならないのと、一緒ですね。

 

・・・いかがでしたか。

基本をしっかり押さえて、「キレ」を手に入れてくださいね。

 


人気ブログランキングへ