ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

ようやくハンドボールの素晴らしさに気付いたサッカー界について~シンビン制度についての考察~

サッカーってファールに対する歯止めが少なくて、選手が削られることが多いですよね。

有望な選手が怪我で引退に追い込まれたり、悲しい限りです。

 

累積2枚のイエローで次試合出場停止とか、知ったこっちゃないですからね。

 

今すぐ退場してくれよ、と。

 

そんなサッカー界が改革に乗り出したということで。急きょ脚光を浴びるハンドボール

 

なぜなら、ハンドボールには悪質なファールに対して「2分間退場」というルールがあります。

 

退場に値する危険なファール、もしくはイエローカード₍警告₎2枚で、2分間退場となります。

この選手は2分後にコートに戻れます。

 

しかしイエローカード3枚でレッドカード、つまりファールを犯した選手は失格となり、2分後の人数補充は違うプレーヤーとなります。

 

昔は暴力行為等で発生する「追放」というルールがありましたが、2010年の中東の笛以降ルールからなくなりました。追放された選手は、コートから100m以上?離れるとか、そんな妙な内容だったような。

 

ちなみに、僕は相手が不良チームの時、追放をこの目で見たことがあります 笑。

僕を肘で殴ったため、追放となりました。

 

話を戻して、2分間退場です。

専門的にはシンビン制度と呼ぶみたい。

 

サッカーでも、10分間退場としてシンビン制度を採用する案があるみたいですね。

 

でもサッカーの10分というのは妥当な時間なのでしょうか。

 

ハンドボールにおける2分間退場は、はっきり言ってかなり絶妙な長さです。

この2分で34点立て続けに点が動くこともありますが、1点も入らない場合もあります。

 

ここでは、ハンドボールと比較する形で、サッカーの10分間退場を考えてみましょう。

 

サッカーの試合時間は前後半90分なので、その割合は約10%。

ハンドボールは前後半60分のうち、2分間退場ですから、その割合は約3%。

 

サッカーの方が圧倒的に不利のように感じますね。

 

でも、考えてみて下さい。

 

ハンドボールはフィールドプレイヤー6人でサッカーが10人です。

1人欠けるインパクトに差があります。

 

なので、以下のように、のべプレイ時間で比較してみましょう。

フィールドプレーヤー限定です。

 

ハンドボール6人×60分=360

サッカー  :10人×90分=900

 

このうち退場時間が占める割合は、

 

ハンドボール2÷360=0.0056

サッカー  :10÷900=0.0111

 

サッカーの方が2倍ほど高い値となります。

 

コートの広さも関係してくるでしょうが、それでも10分は長すぎる気がします。

 

いいところ5分でいいのでは?

 

そんな元ハンドボーラの意見でした。

 

 【送球ボーイズ】


人気ブログランキングへ