両利きに憧れた僕が、20年近く経ってようやく気付いた真実

大学生の時に膝を怪我するまでスポーツマンだった僕ですが、指が短いため球技のパフォーマンスに限界を感じていました。その克服のために、₍今考えれば馬鹿な話ですが₎両利きを目指したことがあります。今も名残で左手の訓練を続けています。 はじめに 世の中には、利き手や利き足という概念が存在する。「文字を書く」「…