読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

ギターのピッキングについて、あるスポーツの例えで説明するとしっくりくる件

 

どうもpillolowです。

 

前回、単音ピッキングはただの小さいストロークだという記事を書きました。

handicap-is-3.hatenablog.com

その後、自分がギターを始めて最初の数年間を思い出していたら、特に初心者気にすべきことが見えてきました。

 

今回それを皆さんに伝えようと思います。

 

その前に1つ。

 

上手い比喩や言い換えをする時は、僕の場合、野球の例えで大体は上手くいきます。

 

ギターの弾き方も然りで、野球のピッチングに例えると、物凄くしっくりくるのです 笑。

 

野球に詳しくない人も内容は伝わるはずなので、ブラウザを閉じないで最後まで読んでね!

 

さて。

 

どんなピッチャーにおいても、基本にして真髄。

 

それは外角低めの切れの良いストレートですね。

 

ギター弾きにとっては、切れの良いストロークと言い換えることが出来ます。

 

どんなに変化球が良くても、キレのいいストレートがあってこそです。

色んなテクニックも奏法も音の出し方も、キレの良いストロークがあってこそ!なわけ。

 

まずは、外角低めのストレートを武器に出来るピッチャーになりましょう。

 

本記事の示唆する内容は、キレの良いストレートを外角低めに投げるためのヒントと思って下さい。

それでは、初心者が陥りがちなフォームを3つ挙げたいと思います。


① 角度が悪い


初心者の頃、僕もそうでしたが、ピックガードが傷だらけの人、演奏中ピックが当たってカチカチ鳴る人、要注意です。

前回記事でも書きましたが、ストロークは中心位置と振幅で決まる軌道を描きます。

つまり軌道は基本的に「円弧」となるはず。

でも、初心者はピックが返らず、弦の表面を撫でるような平行移動になりがち。

そのためキレが失われ、ピックガードを叩くカチカチ音だけが響くことになります。


② 深過ぎる

深く甘い音を出すならともかく、基本的にはピックは弦に浅く当たるべきです。

試しに1弦でトレモロをして見て下さい。

出来ても出来なくても良いです。

とにかく自分の中の最速で。

上手くピックを切り返せない人は、多分ピックが深く当たりすぎて、引っかかってませんか?

当たるか当たらないかぐらいの深さを意識すると、もう少し速く弾けませんか?

キレの良いストロークは、ギリギリの浅さを狙うこと。ピッチャーが外角低めギリギリを狙うのと同じです。

③ 振りが遅い

 

遅いテンポになると、つられて腕の振りも遅くなる人。

 

ダメです。

 

バラードの時はいいかもしれませんが、遅いテンポでもノリや切れを出したいときは、腕の振りはシャープに!

 

チェンジアップを投げるときも、腕の振りはストレートと同じでなくてはならないのと、一緒ですね。

 

・・・いかがでしたか。

基本をしっかり押さえて、「キレ」を手に入れてくださいね。

 


人気ブログランキングへ

ようやくハンドボールの素晴らしさに気付いたサッカー界について~シンビン制度についての考察~

サッカーってファールに対する歯止めが少なくて、選手が削られることが多いですよね。

有望な選手が怪我で引退に追い込まれたり、悲しい限りです。

 

累積2枚のイエローで次試合出場停止とか、知ったこっちゃないですからね。

 

今すぐ退場してくれよ、と。

 

そんなサッカー界が改革に乗り出したということで。急きょ脚光を浴びるハンドボール

 

なぜなら、ハンドボールには悪質なファールに対して「2分間退場」というルールがあります。

 

退場に値する危険なファール、もしくはイエローカード₍警告₎2枚で、2分間退場となります。

この選手は2分後にコートに戻れます。

 

しかしイエローカード3枚でレッドカード、つまりファールを犯した選手は失格となり、2分後の人数補充は違うプレーヤーとなります。

 

昔は暴力行為等で発生する「追放」というルールがありましたが、2010年の中東の笛以降ルールからなくなりました。追放された選手は、コートから100m以上?離れるとか、そんな妙な内容だったような。

 

ちなみに、僕は相手が不良チームの時、追放をこの目で見たことがあります 笑。

僕を肘で殴ったため、追放となりました。

 

話を戻して、2分間退場です。

専門的にはシンビン制度と呼ぶみたい。

 

サッカーでも、10分間退場としてシンビン制度を採用する案があるみたいですね。

 

でもサッカーの10分というのは妥当な時間なのでしょうか。

 

ハンドボールにおける2分間退場は、はっきり言ってかなり絶妙な長さです。

この2分で34点立て続けに点が動くこともありますが、1点も入らない場合もあります。

 

ここでは、ハンドボールと比較する形で、サッカーの10分間退場を考えてみましょう。

 

サッカーの試合時間は前後半90分なので、その割合は約10%。

ハンドボールは前後半60分のうち、2分間退場ですから、その割合は約3%。

 

サッカーの方が圧倒的に不利のように感じますね。

 

でも、考えてみて下さい。

 

ハンドボールはフィールドプレイヤー6人でサッカーが10人です。

1人欠けるインパクトに差があります。

 

なので、以下のように、のべプレイ時間で比較してみましょう。

フィールドプレーヤー限定です。

 

ハンドボール6人×60分=360

サッカー  :10人×90分=900

 

このうち退場時間が占める割合は、

 

ハンドボール2÷360=0.0056

サッカー  :10÷900=0.0111

 

サッカーの方が2倍ほど高い値となります。

 

コートの広さも関係してくるでしょうが、それでも10分は長すぎる気がします。

 

いいところ5分でいいのでは?

 

そんな元ハンドボーラの意見でした。

 

 【送球ボーイズ】


人気ブログランキングへ

 

「単音弾きはただの小さいストローク」だと分かってからアコギが超上達した件

どうも、pillolowです。

 

「アコギに求められているのはストローク」と前回の記事で書きました。

単純な8ビートのストロークだけでも実は奥が深く、「聞かせる」のは難しいものです。

 

ピック弾き限定ですが、アコギの上手い下手はコードストロークで判断出来ると言えるでしょう。

 

「何か弾いてみてよ!」とお願いすると、

「待ってました!」とばかりに、得意の必殺フレーズを人は弾きたがるでしょうから、

8ビートでストロークしてみてよ!」と言えばその人の真の実力が分かるのです 笑

 

それはさておき、ストロークプレイに魅力を感じている僕みたいな人が、最終的に憧れるスタイルは以下のようなプレイじゃないかな。

 

youtu.be

 

アコギやる人なら皆知ってると思うけど、トミーエマニュエル。

 

こういうカントリーギタースタイルでギターを搔き鳴らせるなら、ストロークプレー極めたと言っていいよね。

まぁ、ここまでの超絶テクは10回生まれ変わっても無理だけど 笑。

 

この動画から感じ取って欲しいことは、

 

「速弾きすげー」

 

でも

 

「左手の動きどうなってるの!?」

 

でもない。

 

注目してほしいのは、右手

 

コード弾きと単音弾きの移行がスムーズ過ぎないですか?

たぶん弾いている本人には、二つの弾き方に感覚的な違いなんてないはず。

 

両利きを目指す中で気づいたことを書いた下の記事でも、触れていますが、

二つのことを「感覚的」「無意識的に」同一レベルに持っていくことが、何事においても大事。

 

handicap-is-3.hatenablog.com

 

両利き目指すなら、左右を意識しない。

バイリンガルの人が、英語と日本語を意識せずに混ぜちゃってるあの感じ。

 

ギターなら、ストロークプレイと単音弾きの垣根を取り払いましょうよ!

 

そのために最近僕が考えている方法論は、

ストロークの中心位置と幅でコントロールする」です。

 

6弦全部鳴らすなら、中心位置は真ん中・振幅は6弦分

・高音弦₍13弦)だけなら、中心位置は2弦・振幅は3弦分

 

単音弾きに適用すると、

 

対象弦を中心位置として、1弦分の振幅で弾く

 

つまり、単音弾きは「超絶小さいストロークプレイ」なのです。

 

この視点でさっきの動画、特に216秒くらい~を見てください。

 

・・・ストロークの延長で単音弾きしてますよね。

 

もう一回言いますよ。

 

単音弾きはただの小さいストローク」です。

 

テストに出るのでしっかり覚えて帰ってくださいね! 笑

次回は、そのために僕がどういった練習をしているか、書きたいと思います。

 


 

 


人気ブログランキングへ

ゆずの二人に見る、アコギのストロークフォームについて

アコースティックギターに求められるものは、何でしょうか。

 

ジェームズテーラー、ポールサイモンみたいな華麗なフィンガーピッキング

 

最近流行りの押尾コータローを筆頭にしたテクニカルなソロギター?

 

アコギで「やりたいこと」なら、人それぞれでいいけど、アコギに「求められていること」と言ったら、切れの良いストロークプレイだと断言できる。

 

アコギは、音階楽器であると同時にパーカッション的な側面も持つ珍しい楽器だけど、一般的にアコギだからこそ求められるのは「ザクザクとしたストロークプレー」、これに尽きますね。

 

その点「ゆず」は単純明快にストロークプレーに徹していて、気持ちいい。

 

アコギを始めると「ゆず」から入り、ある時「ゆずって単純でダサくね?」と離れ、結局ストロークの魅力を再認識し「ゆず」に戻る。

 

別にゆずである必要はないけれどね 笑。

 

ただ、ストロークフォームを考察するには、対照的なゆずの二人を比べてみると面白いと僕は思います。

 

今回は、ゆずの二人から見る、アコギのストロークフォームについて。

 

まずは、二人のフォームを見て欲しい。

 

【タッタ】

 

youtu.be

 

簡単に言うと、

 

北川悠仁₍画面左₎はダイナミックなフォーム

岩沢厚治₍画面右₎は動きの少ないフォーム

 

と言えますね。

 

先に結論を言うと、「二人を足して2で割るといいフォーム」だと、僕は思います。

 

北川悠仁の良いところ … 肩がきちんと動いていて、リラックスしている

        悪いところ … 手の振幅が大きくて無駄が多い

 

岩沢厚治の良いところ … 手の振幅がコンパクト

        悪いところ … 肩が動いておらず、やや窮屈

 

ギタリスト身体論(名著)によると、

一番省エネの効率的なフォームのためには、

 

   肩から始動し₍少し肩甲骨を上げる₎

   重力を利用して振り下ろす

 

とあります₍うろ覚えですが₎。

 

上記の点で、北川悠仁のフォームは優れていると言えます。

 

一方、「手の振幅は1~6弦幅で十分である」というのが僕の持論です。なぜなら、大きな動きはテンポの上昇時にもたついたり、スタミナ切れを起こしたりするから。

 

あとは、高音弦・低音弦の弾き分けや、単音弾きなんかを交えることを考えると、フォームはコンパクトな方がスムーズに移行できます。

 

この点において、岩沢厚治のフォームは優れているかと。

 

まとめると、

「肩から始動し、重力を利用して最小限の振幅でストロークをする」という、ゆずハイブリットフォームを僕は推奨します!

 

紹介したギタリスト身体論は、「小指不要説」など大胆な内容も含まれていますが(笑)面白いですので、フォームに悩むギタリストは要チェックです。

 


 

両利き(両投げ)になるために、絶対おすすめの練習

 

 どうも、pillolowです。

 今回は投げる動作に特化して、両利きになるためのヒントを書いてみます。

はじめに

 僕は、以下二つの記事で両利きについての考察を述べています。

 

・両利きが生かされるスポーツは、ずばり「ハンドボール

・練習法では、体全体を使ったダイナミックな動きを取り入れるべき 

 → 手先の器用さだけじゃ、両利きとは言わない

 

handicap-is-3.hatenablog.com

handicap-is-3.hatenablog.com

 

 この記事では、投げる動作を習得するために、効率的な練習について書いてみようと思います。

 「ひたすらキャッチボールをする」なんてNGです。

 

   真下に投げる練習

   真上に投げる練習

   前に投げる練習

 

 と進めるほうが、筋肉を鍛える意味でも良いです。 

   真下に投げる練習

 真下に投げるというのは、実際投げるというより、

 

 「げんこつで何かを叩きつける」

 

 こんなイメージでOK

 

 つまり、繊細な動きはさておき、体全体の力を掌の加速度として変換するイメージ。

 小手先のスナップとは対極ですね。

   真上に投げる練習

 これは、仰向けに寝転がった状態・立った状態、それぞれに効果があります。

 

・寝ている状態だと、スナップの利かせ方

・立った状態だと、①と反対に「伸び上がるような動き」 が身に付きます。

   前に投げる練習

 ここで、やっと前に投げる練習をしてみると良いと思います。

 

 シャドウピッチングなんかは最初からやっても良いですが、いきなり③でボールを投げると筋肉の使い方が分かっていないので、傷めたり小手先のフォームになってしまいがち。

 

 何度も言いますが、まずは筋肉の使い方を掘り起こしていきましょう!

 

 投げる動作は、腕を鞭のようにしならせて、ということもある程です。

 SMプレーがてら鞭をふるうトレーニングもいかが?? 笑

 

即納(Leg Avenue/レッグアベニュー) ブラックウィップ/ムチ/鞭 LG-2626 (ハロウィン/コスプレ/衣装/コスチューム)

 

 
人気ブログランキングへ

マラソンランナー猫ひろしから学べること

  カンボジア代表として、リオオリンピックに出場した猫ひろしロンドンオリンピック時の騒動から4年、ついに念願が叶っての出場です。

 そんな猫ひろしから学べることを書いてみようと思います。

 

本気を笑うやつは、本気になったことがないだけ

 「猫ひろしのマラソン最速メソッド」という本を読みました。201111月初版なので、ロンドンオリンピックに向けて頑張っています、という状況の中での上梓です。

 

 

 

この本を読むと不規則な芸人生活の中、必死に練習の時間を捻出している様が書かれています。「どうせ売れない芸人だから、暇でたくさん練習できるんだろ?」とただただ批判する人達のうち、どれだけが猫ひろしより本気で頑張っていると言えるのか。

 

一度でも本気になったことがあれば、本気の人を馬鹿にしたり笑ったりはしないはずです。

 

言うは易し、行うは難し

猫ひろしフルマラソン自己ベストは、2015東京マラソン2時間2748秒。

 

 これは、正直に言って物凄く早いわけではありません。

 

 一般人から見れば雲の上の記録ですが、市民ランナーでも2時間30分を切る人はいますし、ある程度の陸上エリートなら大学生でも切れるレベルです。

 

 つまりカンボジア国籍を取れば誰でもオリンピックに出られる可能性はあったわけです。

 

 でも、誰もやらなかった。誰もやらないことをやるから、価値があるわけです。

 

 何もやらないで雑音ばかり排出する輩にあれこれ言う資格はありません。

 

猫ひろしは2012年以降、拠点をカンボジアに移しマラソン生活を行っていました。その間カンボジアのマラソン大会に複数出場しましたが、すべて1位ですよ。

 

国のレースで1位になって代表に選ばれて何が悪いの?という感じです。 

 

気になったこと

猫ひろしのトレーニングの中で、呼吸筋を鍛える、というメニューがありました。具体的には、パワーブリーズという器具を使ってトレーニングしているみたい

 

POWERbreathe (パワーブリーズ) プラス スポーツ (重負荷) レッド

 

筋肉を鍛えるという概念の中に、恥ずかしながら呼吸筋は入っていませんでした。鍛えられるものは全て鍛える。こういう発想を持った人が結果を出すのだな、と考えさせられました。

 

 
人気ブログランキングへ

ガーミン(Garmin)235Jで現状のランニングを分析してみた②

はじめに

 どうも、pillolowです。

 

 前回記事でランニングウォッチを使用したランニング分析を行いました。

 

handicap-is-3.hatenablog.com

 

 今回は3回分のデータを用いて、ピッチやストライド、ペース、心拍数の数値から、自分のランニングを分析してみます。

 

 データは3回分計23㎞分のデータしかのみですが、これだけでも分かることが多くありました。

分析手法

 Garmin Ecpress(web上の分析ツール)では、各数値の関係性をグラフ化することが出来ないため、以下の手順でグラフ化しました。

 

   Garmin Express から分割データをコピペ

   エクセルに貼り付け

   エクセル上で散布図作成・回帰直線を引く

 

   ②について補足します。

 

 下記の画像のようにセグメント毎のデータを表示した状態で、値を選択コピーしエクセル上でペーストします。すると、エクセルのセル11個の中に数字がコピーペーストされます。

 

f:id:pillolow:20170115152007p:plain

ピッチ、ストライド、ペース、心拍数の関係

 走る速度というのは以下の掛け算で決まります。

 

・ペース(速度)= ストライド × ピッチ 

 

 自分の現状の走りを評価するために、これらの値の相関性を探ってみました。

 

   ピッチとペースの関係

 

 ピットとペースについて、23㎞分のデータを散布図にしたものが下のグラフです。

 

 決定係数R2乗が0.1程度なので、ほとんど相関はないようですね。

 

   ストライドとペースの関係

 

 同様にストライドとペースについてグラフ化したのが下です。

 

 見事に線形関係にあるのが分かりますね。決定係数R2乗は0.9で、かなり強い相関です。

 

 ピッチではなく、ストライドによってペースを調整している様子が伺えます。

 

   ストライドと平均心拍数の関係

 

 ストライドと平均心拍数の関係をグラフ化したのが下です。

 

 決定係数R2乗は0.48で弱い相関がある程度です。

 

 心肺的に疲れたからストライドが落ちている、と言うにはちょっと弱いですね。

 

 「足が疲れている=筋力が足りていない」という方が自分的にはしっくりきます。

 

 これらのデータからは示せないですが、今まで僕は走っていて、まず足が痛くなることでペースが落ちていました。膝に古傷があるのも影響していると思います。

まとめ

 僕の場合、ストライドを如何に広げて走ることが出来るか、がペースを向上するには重要そうです。

 

 そのためには、

 

ストライドを稼げる効率的な走り方

・それを支える体幹・ハムストリング等の強化

 

 これらが明確な課題であることが、分かりました。

 

 皆さんも自分の走りを数値に基づいて分析してみませんか?

 色々と見えてきて面白いですよ。

 

 Garminなかなかやるな・・・。

 

楽天市場↓(一億円付いてきます 笑)   

 

Amazon↓(一億円は付いてくるか不明)

 


人気ブログランキングへ