ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

ギターのピッキングについて、あるスポーツの例えで説明するとしっくりくる件

 

どうもpillolowです。

 

前回、単音ピッキングはただの小さいストロークだという記事を書きました。

handicap-is-3.hatenablog.com

その後、自分がギターを始めて最初の数年間を思い出していたら、特に初心者気にすべきことが見えてきました。

 

今回それを皆さんに伝えようと思います。

 

その前に1つ。

 

上手い比喩や言い換えをする時は、僕の場合、野球の例えで大体は上手くいきます。

 

ギターの弾き方も然りで、野球のピッチングに例えると、物凄くしっくりくるのです 笑。

 

野球に詳しくない人も内容は伝わるはずなので、ブラウザを閉じないで最後まで読んでね!

 

さて。

 

どんなピッチャーにおいても、基本にして真髄。

 

それは外角低めの切れの良いストレートですね。

 

ギター弾きにとっては、切れの良いストロークと言い換えることが出来ます。

 

どんなに変化球が良くても、キレのいいストレートがあってこそです。

色んなテクニックも奏法も音の出し方も、キレの良いストロークがあってこそ!なわけ。

 

まずは、外角低めのストレートを武器に出来るピッチャーになりましょう。

 

本記事の示唆する内容は、キレの良いストレートを外角低めに投げるためのヒントと思って下さい。

それでは、初心者が陥りがちなフォームを3つ挙げたいと思います。


① 角度が悪い


初心者の頃、僕もそうでしたが、ピックガードが傷だらけの人、演奏中ピックが当たってカチカチ鳴る人、要注意です。

前回記事でも書きましたが、ストロークは中心位置と振幅で決まる軌道を描きます。

つまり軌道は基本的に「円弧」となるはず。

でも、初心者はピックが返らず、弦の表面を撫でるような平行移動になりがち。

そのためキレが失われ、ピックガードを叩くカチカチ音だけが響くことになります。


② 深過ぎる

深く甘い音を出すならともかく、基本的にはピックは弦に浅く当たるべきです。

試しに1弦でトレモロをして見て下さい。

出来ても出来なくても良いです。

とにかく自分の中の最速で。

上手くピックを切り返せない人は、多分ピックが深く当たりすぎて、引っかかってませんか?

当たるか当たらないかぐらいの深さを意識すると、もう少し速く弾けませんか?

キレの良いストロークは、ギリギリの浅さを狙うこと。ピッチャーが外角低めギリギリを狙うのと同じです。

③ 振りが遅い

 

遅いテンポになると、つられて腕の振りも遅くなる人。

 

ダメです。

 

バラードの時はいいかもしれませんが、遅いテンポでもノリや切れを出したいときは、腕の振りはシャープに!

 

チェンジアップを投げるときも、腕の振りはストレートと同じでなくてはならないのと、一緒ですね。

 

・・・いかがでしたか。

基本をしっかり押さえて、「キレ」を手に入れてくださいね。

 


人気ブログランキングへ

ようやくハンドボールの素晴らしさに気付いたサッカー界について~シンビン制度についての考察~

サッカーってファールに対する歯止めが少なくて、選手が削られることが多いですよね。

有望な選手が怪我で引退に追い込まれたり、悲しい限りです。

 

累積2枚のイエローで次試合出場停止とか、知ったこっちゃないですからね。

 

今すぐ退場してくれよ、と。

 

そんなサッカー界が改革に乗り出したということで。急きょ脚光を浴びるハンドボール

 

なぜなら、ハンドボールには悪質なファールに対して「2分間退場」というルールがあります。

 

退場に値する危険なファール、もしくはイエローカード₍警告₎2枚で、2分間退場となります。

この選手は2分後にコートに戻れます。

 

しかしイエローカード3枚でレッドカード、つまりファールを犯した選手は失格となり、2分後の人数補充は違うプレーヤーとなります。

 

昔は暴力行為等で発生する「追放」というルールがありましたが、2010年の中東の笛以降ルールからなくなりました。追放された選手は、コートから100m以上?離れるとか、そんな妙な内容だったような。

 

ちなみに、僕は相手が不良チームの時、追放をこの目で見たことがあります 笑。

僕を肘で殴ったため、追放となりました。

 

話を戻して、2分間退場です。

専門的にはシンビン制度と呼ぶみたい。

 

サッカーでも、10分間退場としてシンビン制度を採用する案があるみたいですね。

 

でもサッカーの10分というのは妥当な時間なのでしょうか。

 

ハンドボールにおける2分間退場は、はっきり言ってかなり絶妙な長さです。

この2分で34点立て続けに点が動くこともありますが、1点も入らない場合もあります。

 

ここでは、ハンドボールと比較する形で、サッカーの10分間退場を考えてみましょう。

 

サッカーの試合時間は前後半90分なので、その割合は約10%。

ハンドボールは前後半60分のうち、2分間退場ですから、その割合は約3%。

 

サッカーの方が圧倒的に不利のように感じますね。

 

でも、考えてみて下さい。

 

ハンドボールはフィールドプレイヤー6人でサッカーが10人です。

1人欠けるインパクトに差があります。

 

なので、以下のように、のべプレイ時間で比較してみましょう。

フィールドプレーヤー限定です。

 

ハンドボール6人×60分=360

サッカー  :10人×90分=900

 

このうち退場時間が占める割合は、

 

ハンドボール2÷360=0.0056

サッカー  :10÷900=0.0111

 

サッカーの方が2倍ほど高い値となります。

 

コートの広さも関係してくるでしょうが、それでも10分は長すぎる気がします。

 

いいところ5分でいいのでは?

 

そんな元ハンドボーラの意見でした。

 

 【送球ボーイズ】


人気ブログランキングへ

 

「単音弾きはただの小さいストローク」だと分かってからアコギが超上達した件

どうも、pillolowです。

 

「アコギに求められているのはストローク」と前回の記事で書きました。

単純な8ビートのストロークだけでも実は奥が深く、「聞かせる」のは難しいものです。

 

ピック弾き限定ですが、アコギの上手い下手はコードストロークで判断出来ると言えるでしょう。

 

「何か弾いてみてよ!」とお願いすると、

「待ってました!」とばかりに、得意の必殺フレーズを人は弾きたがるでしょうから、

8ビートでストロークしてみてよ!」と言えばその人の真の実力が分かるのです 笑

 

それはさておき、ストロークプレイに魅力を感じている僕みたいな人が、最終的に憧れるスタイルは以下のようなプレイじゃないかな。

 

youtu.be

 

アコギやる人なら皆知ってると思うけど、トミーエマニュエル。

 

こういうカントリーギタースタイルでギターを搔き鳴らせるなら、ストロークプレー極めたと言っていいよね。

まぁ、ここまでの超絶テクは10回生まれ変わっても無理だけど 笑。

 

この動画から感じ取って欲しいことは、

 

「速弾きすげー」

 

でも

 

「左手の動きどうなってるの!?」

 

でもない。

 

注目してほしいのは、右手

 

コード弾きと単音弾きの移行がスムーズ過ぎないですか?

たぶん弾いている本人には、二つの弾き方に感覚的な違いなんてないはず。

 

両利きを目指す中で気づいたことを書いた下の記事でも、触れていますが、

二つのことを「感覚的」「無意識的に」同一レベルに持っていくことが、何事においても大事。

 

handicap-is-3.hatenablog.com

 

両利き目指すなら、左右を意識しない。

バイリンガルの人が、英語と日本語を意識せずに混ぜちゃってるあの感じ。

 

ギターなら、ストロークプレイと単音弾きの垣根を取り払いましょうよ!

 

そのために最近僕が考えている方法論は、

ストロークの中心位置と幅でコントロールする」です。

 

6弦全部鳴らすなら、中心位置は真ん中・振幅は6弦分

・高音弦₍13弦)だけなら、中心位置は2弦・振幅は3弦分

 

単音弾きに適用すると、

 

対象弦を中心位置として、1弦分の振幅で弾く

 

つまり、単音弾きは「超絶小さいストロークプレイ」なのです。

 

この視点でさっきの動画、特に216秒くらい~を見てください。

 

・・・ストロークの延長で単音弾きしてますよね。

 

もう一回言いますよ。

 

単音弾きはただの小さいストローク」です。

 

テストに出るのでしっかり覚えて帰ってくださいね! 笑

次回は、そのために僕がどういった練習をしているか、書きたいと思います。

 


 

 


人気ブログランキングへ