ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

「単音弾きはただの小さいストローク」だと分かってからアコギが超上達した件

どうも、pillolowです。

 

「アコギに求められているのはストローク」と前回の記事で書きました。

単純な8ビートのストロークだけでも実は奥が深く、「聞かせる」のは難しいものです。

 

ピック弾き限定ですが、アコギの上手い下手はコードストロークで判断出来ると言えるでしょう。

 

「何か弾いてみてよ!」とお願いすると、

「待ってました!」とばかりに、得意の必殺フレーズを人は弾きたがるでしょうから、

8ビートでストロークしてみてよ!」と言えばその人の真の実力が分かるのです 笑

 

それはさておき、ストロークプレイに魅力を感じている僕みたいな人が、最終的に憧れるスタイルは以下のようなプレイじゃないかな。

 

youtu.be

 

アコギやる人なら皆知ってると思うけど、トミーエマニュエル。

 

こういうカントリーギタースタイルでギターを搔き鳴らせるなら、ストロークプレー極めたと言っていいよね。

まぁ、ここまでの超絶テクは10回生まれ変わっても無理だけど 笑。

 

この動画から感じ取って欲しいことは、

 

「速弾きすげー」

 

でも

 

「左手の動きどうなってるの!?」

 

でもない。

 

注目してほしいのは、右手

 

コード弾きと単音弾きの移行がスムーズ過ぎないですか?

たぶん弾いている本人には、二つの弾き方に感覚的な違いなんてないはず。

 

両利きを目指す中で気づいたことを書いた下の記事でも、触れていますが、

二つのことを「感覚的」「無意識的に」同一レベルに持っていくことが、何事においても大事。

 

handicap-is-3.hatenablog.com

 

両利き目指すなら、左右を意識しない。

バイリンガルの人が、英語と日本語を意識せずに混ぜちゃってるあの感じ。

 

ギターなら、ストロークプレイと単音弾きの垣根を取り払いましょうよ!

 

そのために最近僕が考えている方法論は、

ストロークの中心位置と幅でコントロールする」です。

 

6弦全部鳴らすなら、中心位置は真ん中・振幅は6弦分

・高音弦₍13弦)だけなら、中心位置は2弦・振幅は3弦分

 

単音弾きに適用すると、

 

対象弦を中心位置として、1弦分の振幅で弾く

 

つまり、単音弾きは「超絶小さいストロークプレイ」なのです。

 

この視点でさっきの動画、特に216秒くらい~を見てください。

 

・・・ストロークの延長で単音弾きしてますよね。

 

もう一回言いますよ。

 

単音弾きはただの小さいストローク」です。

 

テストに出るのでしっかり覚えて帰ってくださいね! 笑

次回は、そのために僕がどういった練習をしているか、書きたいと思います。

 


 

 


人気ブログランキングへ

ゆずの二人に見る、アコギのストロークフォームについて

アコースティックギターに求められるものは、何でしょうか。

 

ジェームズテーラー、ポールサイモンみたいな華麗なフィンガーピッキング

 

最近流行りの押尾コータローを筆頭にしたテクニカルなソロギター?

 

アコギで「やりたいこと」なら、人それぞれでいいけど、アコギに「求められていること」と言ったら、切れの良いストロークプレイだと断言できる。

 

アコギは、音階楽器であると同時にパーカッション的な側面も持つ珍しい楽器だけど、一般的にアコギだからこそ求められるのは「ザクザクとしたストロークプレー」、これに尽きますね。

 

その点「ゆず」は単純明快にストロークプレーに徹していて、気持ちいい。

 

アコギを始めると「ゆず」から入り、ある時「ゆずって単純でダサくね?」と離れ、結局ストロークの魅力を再認識し「ゆず」に戻る。

 

別にゆずである必要はないけれどね 笑。

 

ただ、ストロークフォームを考察するには、対照的なゆずの二人を比べてみると面白いと僕は思います。

 

今回は、ゆずの二人から見る、アコギのストロークフォームについて。

 

まずは、二人のフォームを見て欲しい。

 

【タッタ】

 

youtu.be

 

簡単に言うと、

 

北川悠仁₍画面左₎はダイナミックなフォーム

岩沢厚治₍画面右₎は動きの少ないフォーム

 

と言えますね。

 

先に結論を言うと、「二人を足して2で割るといいフォーム」だと、僕は思います。

 

北川悠仁の良いところ … 肩がきちんと動いていて、リラックスしている

        悪いところ … 手の振幅が大きくて無駄が多い

 

岩沢厚治の良いところ … 手の振幅がコンパクト

        悪いところ … 肩が動いておらず、やや窮屈

 

ギタリスト身体論(名著)によると、

一番省エネの効率的なフォームのためには、

 

   肩から始動し₍少し肩甲骨を上げる₎

   重力を利用して振り下ろす

 

とあります₍うろ覚えですが₎。

 

上記の点で、北川悠仁のフォームは優れていると言えます。

 

一方、「手の振幅は1~6弦幅で十分である」というのが僕の持論です。なぜなら、大きな動きはテンポの上昇時にもたついたり、スタミナ切れを起こしたりするから。

 

あとは、高音弦・低音弦の弾き分けや、単音弾きなんかを交えることを考えると、フォームはコンパクトな方がスムーズに移行できます。

 

この点において、岩沢厚治のフォームは優れているかと。

 

まとめると、

「肩から始動し、重力を利用して最小限の振幅でストロークをする」という、ゆずハイブリットフォームを僕は推奨します!

 

紹介したギタリスト身体論は、「小指不要説」など大胆な内容も含まれていますが(笑)面白いですので、フォームに悩むギタリストは要チェックです。

 


 

両利き(両投げ)になるために、絶対おすすめの練習

 

 どうも、pillolowです。

 今回は投げる動作に特化して、両利きになるためのヒントを書いてみます。

はじめに

 僕は、以下二つの記事で両利きについての考察を述べています。

 

・両利きが生かされるスポーツは、ずばり「ハンドボール

・練習法では、体全体を使ったダイナミックな動きを取り入れるべき 

 → 手先の器用さだけじゃ、両利きとは言わない

 

handicap-is-3.hatenablog.com

handicap-is-3.hatenablog.com

 

 この記事では、投げる動作を習得するために、効率的な練習について書いてみようと思います。

 「ひたすらキャッチボールをする」なんてNGです。

 

   真下に投げる練習

   真上に投げる練習

   前に投げる練習

 

 と進めるほうが、筋肉を鍛える意味でも良いです。 

   真下に投げる練習

 真下に投げるというのは、実際投げるというより、

 

 「げんこつで何かを叩きつける」

 

 こんなイメージでOK

 

 つまり、繊細な動きはさておき、体全体の力を掌の加速度として変換するイメージ。

 小手先のスナップとは対極ですね。

   真上に投げる練習

 これは、仰向けに寝転がった状態・立った状態、それぞれに効果があります。

 

・寝ている状態だと、スナップの利かせ方

・立った状態だと、①と反対に「伸び上がるような動き」 が身に付きます。

   前に投げる練習

 ここで、やっと前に投げる練習をしてみると良いと思います。

 

 シャドウピッチングなんかは最初からやっても良いですが、いきなり③でボールを投げると筋肉の使い方が分かっていないので、傷めたり小手先のフォームになってしまいがち。

 

 何度も言いますが、まずは筋肉の使い方を掘り起こしていきましょう!

 

 投げる動作は、腕を鞭のようにしならせて、ということもある程です。

 SMプレーがてら鞭をふるうトレーニングもいかが?? 笑

 

即納(Leg Avenue/レッグアベニュー) ブラックウィップ/ムチ/鞭 LG-2626 (ハロウィン/コスプレ/衣装/コスチューム)

 

 
人気ブログランキングへ