ハンデは3で~諦めたらそこで人生終了ですよ~

ハンデが何だ。諦めたら終わりだ

アドリブで指板を自由に飛び回るために。ルートが最低音のコード押弦からの脱却

どうもpillolowです。

 

最近、

・どうやったらアドリブが上手くできるのか

・指板上で自由に音を操るにはどうしたらよいか

 

ということばかり考えています。

 

スケールにしろ、コードトーンにしろ、

基音₍ルート音₎のポジションを目印にする。

そして、コードの形がコードトーンの目安。

 

これは間違っていないのです。

 

しかし、ウクレレやカヴァキーニョなど

4弦の楽器を弾くようになって、考えが少し変わりました。

 

ギターコードは、6弦ルートにしろ5弦ルートにしろ、

最低音=ルート音となります。

 

しかし、弦数が少ない楽器では、

・転回形のコード押弦が多く

最低音がルートとは限らない

 

5,6弦のルート音を起点に音を探していた僕は、

途端に迷子になるわけです。

 

特に色々な楽器を弾こうと思っている人は、

ギターの手癖は何の役にも立ちません。

 

やっぱり、基本はトライアドなんだよなぁ、と。

 

トライアドの形と、音の並びを身に付け、

トライアド+αへと拡張。

 

これが、すべての弦楽器に有効な

最強にして唯一のやり方だと思います。

 

トモ藤田先生の教則本は全てが良書ですので、お勧めです。

 

 

惜しい!!!スピードスケートのショートトラック、1周の長さって・・・?

どうもpillolowです。

 

平昌オリンピックが近づいてきました。

楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 

個人的には、スピードスケートの小平奈緒選手!

メダル獲得に期待しています。

 

ところで、スピードスケートのショートトラックって

1周何メートルかご存知でしょうか。

 

日本スケート連盟のHPによると・・・

 

トラックは1週111.12m(直線:28.85m、カーブの半径:8m) 以前は100m、125mトラックなど、国によって形も異なる時期もありましたが、その後現在の形に統一されました。

 

とあります。ようはこういうこと。

111.12標準ショートトラック

 

111.12m

 

惜しいですね。

あとちょっとで「1」が並んだのに。

 

ただ、ちょっと待ってください。

さっきの引用通りに周長を計算すると、

 

28.85*2 + 8*2*π ≒ 107.97

 

足りません。

 

よくよくHPを見てみると、50cm外側のラインを周長としている模様。

 

再計算します。

 

28.85*2 + 8.5*2*π ≒ 111.11

 

あれ??何で???

 

残りの1㎝は何なんだー!!!

もやもやが止まりません。

 

・・・円周の計算なんて忘れちゃった!って人は、

子供に馬鹿にされないためにも、算数を復習しておきましょう 笑

 

 

要注意!ファミマのwifi使って、通信料が逆に増えてしまった

どうもpillolowです。

 

最近公共wifiが多いので、

パケ死の影におびえる僕たちにとっては、

素晴らしい世の中になりつつあります。

 

しかし!

 

ファミマwifiによって、僕のパケ死が助長されたエピソードについて

今回は書いてみたいと思う。

 

大体の公共wifiって、使うときには、

IDとパスワード入力とか、何らかの操作を必要するページに勝手に誘導されます。

 

そして「Wi‐Fi設定をON」にしていると、

勝手に無線を拾うため、必要な入力操作を行わないと、

ネットに繋げない状態になります。

 

特にゲームしている時!

 

通信接続が落ちてしまい、せっかくの結果がパァになったり。

 

これを避けるため、

僕は一時的に「Wi‐Fi設定をOFF」にしました。

 

そして、家に帰ってそれを忘れ(家には無線lanあり)、

youtubeを見たりしたわけです。

 

はい、パケ死

 

以上、現場からでした。皆さんも気を付けましょう!!